検品・検針をお考えの方へ

検品・検針方法

品質表示(ケアラベル)

事例・実績

会社紹介

お問い合わせからの流れ
江戸川区だけの起業家に宛てた恩返しのレポート

メディア掲載情報

【産経新聞】1月30日号

【産経新聞】1月30日号

【帝国ニュース】11月8日号

【帝国ニュース】11月8日号

【サンデー毎日】12月1日号

【サンデー毎日】12月1日号


社長ブログ
ISO9001認証取得

※本社にて取得

品質検査・検品

HOME > 品質検査・検品

プロの手と目で品質をチェック

プレシャス・インフィニティ・ジャパン(PIJ)株式会社では、通常(コンベアー)検針X線検針、触診・目視による検品などを通して、形、大きさ、素材などが異なるさまざまなアパレル商品の品質を維持・管理しています。
こちらでは、触診・目視検品と機器を用いた検品についてご紹介します。

製品仕様書を基に触診・目視検品で徹底チェック

入荷後検針を行った商品は、スタッフの手と目によって一つひとつ厳格に検品されます。
機械では判断できない縫製仕様、付属品の不備、洗濯ネームの組成表記、縫製不良、糸のほつれ、しわ、毛羽立ち、汚れ、傷、穴、色褪せ、色ムラ、タグ付け忘れ、ニオイなどを細かくチェック。
靴の場合は左右のサイズ違いやソールの打ち釘の異常などを調べ、カバンであれば縫製工程での異物混入や持ち手部分の強度などを検査します。

弊社では、アパレル業界出身のスタッフが触診・目視検品を担当。シャツやパンツ、コート、スーツ、子供服、下着、皮製品、バッグ、靴、ぬいぐるみなど、それぞれに見るべきポイントを的確に把握しているため、欠陥を見逃すことなく細部まで迅速に検品できるのです。

外観検査

表示ラベルやタグが正しく付けられているか、穴や汚れがないかなど、仕様書に基づいて外観をチェックします。

縫製検査

縫製不良や糸のほつれ、寸法の不備などがないか仕様書に基づいてチェックします。

付属品検査

ボタンやファスナー、カギホック、ビーズ、スパンコール、スピンドルのストッパーなどがしっかりついているかを仕様書に基づいてチェックします。

検針から発送まで、ワンストップで対応!

弊社の作業は触診・目視検品だけではありません。
触診・目視検品した商品の加工、補修、不良品の工場返品、包装、発送まですべてに対応。
確かな品質の商品を、お客様のもとへお届けします。

弊社の梱包発送代行サービスはこちら


皮製品でよく起こる事故を知っていますか?安心して海外製品を納品したい方はこちら
ページの先頭へ戻る